かさばる鞄にさようなら。飲んだら畳めるシンプル水筒!

はーい、こんにちは!sugiでございます。

突然ですが、私は最近ワンピースを読み返すことにハマっています

いやー、それにしてもめちゃくちゃ面白いですね笑

改めて感動しています。

いま私はアラバスタ編を読んでいる真っ最中でございます。

わからない方のために補足をしますと、アラバスタ編は悪い奴が砂漠の国を乗っ取ろうとしていて、それを主人公たちが阻止する話です。

このストーリーでは砂漠の国ということもあって「水」が非常に重要なキーワードになってくるわけです。

物語の中でも様々な人々が水を求めるシーンが多々描写されています。

これを通して私は当たり前だけど水は大切なんだなということを再認識しました。

さてさて、前振りが長くなりましたが今回お話ししたいのは水筒についてです。

水がいくらあっても運ぶものがなければ意味がありません。

しかし一度に大量に運ぼうとするとそれはそれで重たくなってしまいます。

そこでもっと手軽にコンパクトに運ぶことはできないのかということで考えられたのが水筒なわけです。

そう考えると水筒そのものがすでにシンプルな考えの元で生まれた訳なんですが、今回はそのなかでもさらにシンプルな水筒を発見してきましたのでご紹介いたします。

それがこちらです。

 

Honel 折りたたみ式ボトル

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

折りたたむことのできる水筒の紹介です。

これ、めっちゃいいんですよ。

私は会社員時代に毎日こういった折りたためる水筒に水をいれて会社に行っていました。

こうすることで飲み物代の節約にもなるし、ジュースを飲むこともなくなるので非常に健康的な毎日を過ごすことができたのです。

今までの水筒は硬いプラスチックもしくは金属製の素材で作られているものがほとんどだったので、持ち歩く際に荷物になってしまうというデメリットがありました。

ところがこの水筒は飲めば飲むほど容器自体が小さくなっていくのでよりコンパクトにカバンに収納することができるのです。(ただし、最初の満タンの時だけは従来の水筒と同じくらいの体積がありますのでご了承ください。)

最終的には図のようにとっても小さくなりますし、容器自体が非常に軽いのでカバンが重たくなることもありません。

私の場合、気がつけば水筒を持ち歩くことが習慣化していましたがそれもこの水筒のおかげかもしれません。重たくて大きい水筒を持ち歩いていては続かなかった可能性があります、、。

一度習慣化してしまえば、毎日自動販売機まで歩いてお金を払って飲み物を買っているのが馬鹿らしくなりますよ。

ペットボトルも非常に資源の無駄だと私は思っています。

あんなに精巧で高性能なものを使い捨てだなんて、、、。

皆さんもこれを機に手軽に節約&健康を目指してみてはいかがでしょうか。

飲むものは水のみ!非常にシンプルで素敵です。

本日はこの辺で。

それでは。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です