この筆箱、2回割れます。超便利な筆箱を紹介。

はい、どうもこんにちは。sugiでございます。

本日紹介いたしますのは筆箱でございます

この記事を読んでくださる方は学生さんなのか、はたまた社会人の方なのかわかりませんが誰もが一度は手にしたことがあるでしょう。

余談ですが筆箱って性格が出ますよね。

使わないカラフルなペンで筆箱がパンッパンな人、おそらく部屋が汚いです。

明らかに使いづらいようなキャラクターの筆箱使ってる人、おそらく私服ダサいです。

さてさてそんな暴言を吐いている性格の悪い私がどんな筆箱を使っていたかというと、それが本日紹介する筆箱です。

この理論でいくと性格悪い人が行き着く筆箱ということになりますが、そんなことはありません。

私だっていいところはあります。(多分)

ミニマリストであり、綺麗好きです。

そんなかたが行き着く筆箱ということになるのではないでしょうか。

それがこちら。

 

ナカバヤシ ディスプレイペンケース S

出典:https://www.amazon.co.jp

 

一見なんだかわからないこの筆箱。

中央より少し上のところにグレーのゴムが張ってますが、何の意味があるのでしょう。

ただ一つこの時点で言えることは見た目はかなりシンプルですよね。

私は立方体がすごく好きなのでストライクゾーンにグッと刺さりました。

文房具屋で他の様々な筆箱の中にシレッと並んでいるのを発見して迷わず購入したのを今でも覚えています。

それでは一体この筆箱にはどんな機能があるのでしょうか。

見ていきましょう。

このようにパカッと縦に割れるんです。

この時点でなんかもう既に新しいですが、驚くのはまだ早いです。

180度完全に開ききると、、、

はい、このように今度は折れます。色が代わる代わるしているのは許してください。

このように完全に開ききると先ほどのグレーのゴムが縮んで、半自動的にこの形になるんです。

なぜこの形になるのかというと、もうお分かりの方もいるかもしれませんが、、

そうです、このままスタンドになるんですね。

画像のように机に立てかけてそのまま利用できちゃうんです。

作業なんかをしていて手に持つ文房具を何回も取り替えるシーンがあるときにめっちゃ便利です。

観音開きになってるので取りたい文房具が一目でわかります。

私はデザイン学部だったのでカッター、定規、シャーペン、ボールペンなどを収納して作業していました。

一つだけ難点をいうとすれば容積が少ないというところでしょうか。

しかし逆に考えれば、それだけ自分のお気に入りの文房具を選抜して入れることができるので満足度が非常に高くなります。

カバンにもすっぽり収まるサイズ感ですので持ち歩きにも大変便利です。


選べるカラーは赤、青、黒の3種。

そして驚くべきはそのお値段。なんと503円。非常に安いです。

ただ、2019/2/26現在アマゾンで確認すると何故か黒だけ値段が高いです。笑

違いは色だけのはずですが、人気だからでしょうか。

なんがともあれ、ミニマリストのような自分の持ち物にこだわりのある方にオススメの一品です。

はい、こんな感じで本日はここまでです。

それでは!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です