剃り心地抜群!意外と知らない両刃カミソリの紹介

本日紹介するのはカミソリだ。

世の男性のほとんどは毎日髭を剃っていることだろう。

電気シェーバーを利用している人も多いが、私はもっぱらカミソリ派だ。

自由度の高い操作性と電気シェーバーより深く剃れるのが好きなのである。

そんなカミソリ派の男性にうってつけのシンプルでかっこいいカミソリを発見したので紹介したい。

それがこちらだ。

ミューレ TRADITIONAL クラシックレイザー・クローズドコム

出典:https://www.amazon.co.jp

今現在カミソリといえばT字カミソリを思い浮かべる人が多いかもしれ無いが、今回紹介するのは両刃カミソリというタイプのカミソリである。

両刃カミソリとは、両側に刃が付いている薄い刃を、ホルダーと呼ばれる本体のヘッド部分に装着して使う1枚刃のカミソリのことである。

数十年前まで主流のものだったが、T字カミソリの登場により現在はあまり使われていない。

しかし、昔とは一味違う進化した両刃カミソリがあることを知ってもらいたい。

カミソリ界随一の剃り心地

電気シェーバーよりもT字カミソリよりも深く剃れるのがこの両刃カミソリ。

それゆえに肌を傷つけやすいというデメリットがあったが、技術の進歩によってそれらは改善されている。

髭の濃い人には特におすすめしたい。

まるで床屋で剃ってもらったかのような剃り心地を毎日体感できるのだ。

圧倒的コストパフォーマンス

何と言っても両刃カミソリの最大の利点はコストパフォーマンスが良いことである。

T字カミソリでは刃のついたヘッドを丸ごと取り替えるのが主流となっているが、両刃カミソリは刃のみを取り替えるだけで良いので非常に安く済ませることができるのだ。

T字カミソリのヘッドはたった数個で2,000~3,000円ほどするのに対し、両刃の刃は一枚あたり30~40円とかなり安い。

まとめて買えば数年は持つであろう。

さらには電気シェーバーのように電気もいらないので電気代や電池代も節約できる。

毎日使うので節約を意識できるのも非常にありがたい。

剃る手間を楽しむ

毎日行う髭剃りは確かに面倒なものでもあるが、同時に私は髭剃りが意外と好きだったりする。

自分を磨く感覚というか、鏡に映った自分が綺麗になっていくのを見るとつい嬉しくなってしまう。

電気シェーバーではなくカミソリを使うと刃を取り替えたり、クリームを塗ったりなどの工程が増えるがより一層その感覚を強く味わうことができるのだ。

さらにこだわりのカミソリを使うことで、面倒でしかなかった髭剃りを楽しむことができるなら得なのではないか。

商品詳細

Amazonにて。↓

本体の値段は高いが、一度買ってしまえば一生ものである。

手のひらサイズで持ちやすく、旅行などに行った際にも簡単にカバンに忍ばせることが可能だ。

今あまり見ない両刃カミソリだが、実はコスパ、剃り心地ともに最高の一品であることを知ってもらえただろうか。

確かに手間はかかるが、その手間を楽しむのだ。

毎日やる髭剃りをせっかくならば楽しんでみたらいかがだろうか。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です