【革命】完全上位互換な歯磨き粉の紹介

本日紹介するのは歯磨き粉。

私は一つ、歯磨き粉について不思議な点がある。

日本人、いや、世界中のほとんどの人間がチューブ型の歯磨き粉を使っている点だ。

何も疑問に思わない人もいるかもしれないが、何かがおかしい。

というものチューブ型の歯磨き粉には欠点がたくさんあると私は思うからだ。

・ブラシを直接付けるので衛生的じゃない。(特に大人数で使うとき)

・中身が見えない(残量がわかりづらい)

・使い終わる直前の見た目が悪い(萎んでしまう)

・キャップ周りが汚くなる

などなどあげるとキリがない。

さらには日本で販売している歯磨き粉は見た目が派手でカラフルなものが多い。

シンプルな暮らしを目指す人にとっては少し厄介だ。

おしゃれなデザインの歯磨き粉も中にはあるが、そういったデザインのものに限って値段が高かったりする。

わざわざ歯磨き粉のパッケージをDIYする人もいるくらいだ。

そんな訳で、チューブ型以外の歯磨き粉はないのかと調べてみたところ、非常に興味深い歯磨き粉を発見したので本日は紹介したい。

それがこちらだ。

「Poppits(パピッツ)」

出典:https://supplier.community/poppits/

衝撃的だ。

まるでキャンデーのような風貌をした可愛らしいデザインの歯磨き粉の紹介だ。

使い方は簡単で、口に運んで磨くだけ。

キャップを開けて、ブラシに絞ってもとある場所に戻す作業が必要なチューブ型より断然簡単である。

一見、見た目だけをデザインしたおもしろ歯磨き粉のようにも思えるが、よく考察してみるとこの歯磨き粉の素晴らしさに驚くことになるだろう。

チューブ型の完全上位互換!?

チューブ型の歯磨き粉との問題点を比較してみよう。

まず、衛生面。

一回分が一つ一つ分離されているので、衛生的には何も問題ないだろう。

分量が一粒単位でしか調節できない点が少しマイナスな点というべきだろうか。

そして、キャップがないので周りが汚れる心配はまず無い

見た目についても考えてみよう。

残量の問題だが、透明な瓶などに入れれば一目でわかるだろう。

それに瓶に入っているとなんだかおしゃれである。

チューブ型のようにしぼむことも無いので、美観的な面で見るとこちらに完全に軍配があがるだろう。

さらにもう一つ利点としては持ち運びのしやすさが挙げられる。

旅行などの際に日数に応じて簡単に調整して持っていくことができる。

これは以外と便利なのでは無いだろうか。

商品詳細

残念ながら販売されているかどうかまでを調べることはできなかった。

しかし、公式サイトのようなものをみつけたのでここにリンクを貼っておく。

http://www.poppitstoothpaste.com

完全に海外のサイトなので私の英語力では解読するまでにいたらなかった。

もし、解読できる方がいれば商品の情報を教えていただけると大変ありがたい。

 

いかがだっただろうか。

普段何気なくチューブ型の歯磨き粉を使っているがよく考えると不便なことが多いことに気がついただろう。

それなのに何故改善されないのかは謎のままだが、ここに新しい可能性を見つけた。

完全に上位互換のような気がするが、デメリットは無いのだろうか。

強いて言うなら個別包装のために値段が上がることが考えられるが、、、。

何がともあれ歯磨き粉の選択肢が増えることは非常に良いことだと思う。

将来的にこの形の歯磨き粉が普及していくことを私は願っている。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です