これがホントのズボラ飯?皿になるフライパン「JIU」

「JIU(ジュウ) 」

出典:https://jiu10.com/store.html

サボるのは料理の中身ではなく料理の「仕方」

本日紹介するのはフライパンだ。

家で料理をするのは楽しいが、食べ終わった後の皿洗いがめんどくさいという人も多いだろう。

今日はそんなめんどくさがりさんに朗報だ。

実はこのフライパン、取手を自由に取り外しすることができる。

1951年の創業以来、様々な金属を使った日用品を製造してきた藤田金属と東京・中目黒のデザイン事務所TENTのコラボによって生まれたこの製品。

このようにスライドできる特別な機構で作られており、ワンタッチで簡単に取り外すことができる。

これの一体何が便利なのかというと、このまま食卓へ持っていくことができるのだ。

つまり、余計な皿が増えないため洗い物も必然的に減るのだ。

特に、一人暮らしの狭いキッチンなんかには非常にありがたい性能だ。

もちろん、フライパン自体の性能もバッチリ。

料理を盛るとこんな感じ。

機能もバッチリで使いやすいが、皿として利用した時の見た目もとてもおしゃれ。

さらには普通の皿と比べて保温効果が期待できるのもありがたい。

これならめんどくさがりな人も毎日楽しく効率的に料理をすることができそうだ。

ただし、出来上がった直後は皿が熱くなっているので気をつけよう。

商品購入情報

購入はこちらから。

https://jiu10.com/introduction.html

フライパンのサイズはSとMがあり、取手はウォルナットとビーチの2種類から選ぶことができる。

自身の環境や好みに合わせたものを選ぼう。

いかがだっただろうか。

取手を取り外しそのまま皿になるフライパン「JIU」。

料理の中身ではなく「やり方」をサボるという画期的なズボラ飯の紹介であった。

これならば料理のハードルが下がるので、これから料理を始めてみようという方にもオススメだ。

プレゼントなんかにして渡しても喜ばれるかもしれない。

それでは。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です