約2年半同じ服を着続けた感想。メリットとデメリットは?

こんにちは。TANISUGIです。

先日こんなツイートをしました。

このツイートが思いの外反響があったので、本日はミニマリストである私が実際に2年半の間、同じ服を着続けて気づいたこと、メリットとデメリットについてさらに詳しく書き記したいと思います。

この数年間で培った価値観や考え方を余すことなく書き切りたいと思いますので、どうか最後まで一読の方をよろしくお願いします。

まず、結論から言います。数年間同じ服を着続けた感想を一言でまとめるならそれは

「まぁまぁオススメ」です。

決して絶賛はしません。

この「まあまあ」というのには色々なニュアンスが含まれていますが、順を追って説明していきたいと思います。

その前に何故私が同じ服を着るようになったかをざっと簡単に説明しておきます。

きっかけは大学2年、20歳の冬です。

大学にてデザイン学を専攻していた私は世界で活躍するデザイナー達をなんとなく調べていました。

そこで気付いたのが尊敬するデザイナーを始め、様々な偉人達が皆揃えて同じ服を着ていたのです。

appleの創始者、スティーブ・ジョブズもそうです。

まずは形から。見よう見まねでやってみたのです。単純ですね。

しかしながらそんな軽い気持ちでやってみたにも関わらず予想外に続いてしまったという訳です。

まぁこんなくだらない自分語りは置いておいて、早速本題です。

約2年半同じ服を着続けた感想。メリットとデメリットは?

実際にどんな服を着ているのか。気になる方も多いかと思いますのでざっくり説明。

私が着ているのは、

・白スウェット+ビンテージジーンズ

このスタイルになります。元々ファッションが好きだったのですが巡り巡ってたどり着いたスタイルがこれです。

ベルトや時計などといった小物もずっと同じものを身につけています。

一つ補足で夏はこのスウェットを白シャツに変更して着まわしています。ずっと同じ服と述べていますがそこだけは勘弁してください。流石に暑すぎます。

なので実質年間の約四分の三はこのスタイルということになります。

では同じ服を着ることは一体どんなメリットがあるのでしょうか。

メリット1:圧倒的にお金が浮く

圧倒的に浮きます。

これは事実です。

皆さんは月におおよそどれくらいの金額をファッションにつぎ込んでいますか?

とある調査では20代若者が月に費やす洋服代は5,000~10,000円とされています。

意外と少ないようにも感じますが、それでも1万円。

アルバイトをしていたりまだまだ低い月給の若者には大きな出費です。

これを0円で抑えられると考えたらだいぶ嬉しいですよね。

同じ服なのでもちろんお金はかかりません。私の場合は3セット同じ服を持っています。

ただ強いていうなら最初に同じ服を揃えるときにお金が少しかかりますでしょうか。

それでも多くて2〜3着分のお値段です。

それ以降はかかりません。なんならこのタイミングで値段の高い服を揃えてもすぐに元を回収できます。

ちなみに私の場合は下着も同じもので揃えています。

女性は難しいのかもしれませんが、、

これをやるとさらにお金が浮きます。

てな訳で同じ服を着るメリットその1はお金が浮くでした。

メリット2:選択をするストレスが減る

一刻を争う朝の準備時間。

1分1秒も惜しいですよね。

同じ服を着るようになるとここに余裕が出てきます。

髪のセットや食事なんかもそうですが一番悩むのって服を選ぶ時間だったりしませんか?

私はよくこれで悩んでいたのを覚えています。

時間がないのになかなかファッションが定まらず、最終的に脱ぎ散らかしてイマイチな組み合わせで家を出るなんてことが多々ありました。

そういう日はなんだかテンションが上がらず、自身のない状態で毎日を過ごしていました。

しかしもうそんなストレス、悩みからはおさらばです。

だって一種類しか服がないんですもん。悩みようがありません。

組み合わせも1パターンしかないのでイマイチなんてことはあり得ません。

余裕を持って朝の準備をすることができます。

今となってはこの生活に慣れてしまってあまり恩恵を感じていませんが、前の生活に戻ることを考えるとゾッとします。

というわけで選択をするストレスから解放される。これがメリットの2つ目となります。

メリット3:毎日がベストファッション

この項目は多少上の「メリット2」とかぶる内容でもありますが、補足で説明させていただきます。

何も同じ服というのは適当に選んでいるわけではありません。

先ほども述べましたが、私は元々ファッション、おしゃれが好きでした。

ブランドの服から古着まで様々なジャンルの服を所有するレベルで好きでした。

それがいつしか段々と似たデザインの服を着るようになり、似た色の服を着るようになり、、そして一つに絞られたわけです。

つまり最後まで残ったお気に入りの服をずっと着ている訳なんです。

なので毎日がベストファッションです。

イマイチなファッションでテンションが下がることがありません。

これで毎日楽しく過ごしています。

まぁ流石に毎日身につけていると着るたびに「最高、、、、!!!」とまではなりませんがふとした瞬間に鏡を見たときに「やっぱりいいなぁ」となります。

その瞬間が案外幸せだったりします。

メリットその3は毎日がベストファッションでした。

デメリット1:汚すと萎える

萎えます。

当たり前ですが、少ない数の服しか持っていないので汚してしまうと替えがありません。

ここだけは気をつけて欲しいです。

特に私の場合は白い服を好んで着ているため汚れが目立ちやすいのがたまにキズです。

一番汚しやすいのは食べ物を食べているときなのですが、

その中でも最も注意すべきは焼肉、ラーメン、スープカレーです。

これらは全て北海道のソウルフードであるため、現在札幌に住んでいる身としてはなかなか大変です。

今回はこういったマイナスの面も全て包み隠さずお話ししたいと思います。

解決策としては紙ナプキンがあるかどうかを店員さんに聞くことです。

あればラッキー、なければ慎重に食を進めることとなります。

しかし、逆に言えば慎重に食べることで周りから見ると丁寧に食べてる品のある奴みたい思われるのでこれはこれでいいのでしょうか。

ともあれ、「何も考えず思いっきり食べたい!!」という人にはあまりお勧めできません。

黒い服で揃えるということならばあまり汚れが目立たないのでそれが得策かもしれませんね。

デメリットその1、汚すと萎える。これは覚えておきましょう。

デメリット2:デートに着ていく服がいつも同じ

これが最大のデメリットといっても過言ではないのでしょうか。

デートに着ていく服がありません。

友人と遊びに行く程度でしたら毎日同じ服を着ていても問題ないのですが、デートとなると話は別になってきます。

私の場合、ミニマリストになって同じ服を着続けてから幸運にも彼女がいませんが、(幸運なのか?)いざ付き合うとなるとこれは困ってしまいます。

だってもし仮に彼女がデートするたびに毎日同じ服だったら少し嫌ですもん。

なんだか味気ないですよね。

この問題の解決方法としてここでは3つ提示します。

1つは「服のレンタルサービスを利用する」です。

月額で料金を払うことで色々なジャンルの服を借りることができるというサービスです。

有名どころではメチャカリなんかがCMなどでお馴染みでしょうか。

メチャカリ公式HP

しかしこのようなサービスの月額料金はおおよそ5000円〜くらいが多いです。

自分の服ではないので所有しなくていいというメリットはありますが、これだとあまりお金を浮かせた意味がなくなってしまいますね。

一回一回やりとりするのも少しめんどくさいです。

2つ目は「所有する服の量を少し増やす」

根本的な解決策ですが、これもアリなのかなという気がします。

持っている服が2〜3種類でも周りから比べると少ない方ではないでしょうか。

1種類の時と比べるとメリットは多少薄れてしまいますが、それでも十分恩恵は受けれます。

例えば上下を3種類ずつ持っているとすれば組み合わせは全9パターンです。

全てをうまく組み合わせることができればの話ですが、これだけあれば彼女(又は彼氏)にも呆れられることはないでしょう。

これが一番無難な解決策かもしれません。

3つ目は「許容してくれる人を見つける」です。

しっかり話し合ってそのままでいいと言ってくれるならば問題ありません。

しかしここで自分の思想を押し付け過ぎるのはやめておきましょう。

関係にヒビが入ります。

あくまでもお互いの了承の上で、です。

相方もミニマリストなんてパターンだと話が早いかもしれませんね。

気になる疑問に答えちゃいます!

ここではこれから服を減らそうと考えている人が抱くであろう素朴な疑問に答えていきます。

どれも基本的なものばかりですが気になると言えば気になるものばかりなので是非。

疑問1:貧乏に見られる?不潔に見られる?

周りの目は実際どうなのかという疑問です。

結論から言うと、

一切そのような感情は抱かれません。

というか、周りの人間は誰もほとんどあなたの服なんて見てません。

悲しいですがこれが事実です。

流石に汚れていたり、匂いのある服を毎日着ていたら不潔に思われるもしれませんが、しっかり洗濯して着まわしていれば何も問題ありません。

私が「同じ服を着ている」と自分から伝えると興味を持って話を聞いてくれる人はいますが、経験上向こうから「毎日同じ服だね」と話しかけられたことはありません。

ほとんどの人が同じ服であることに気づいていません。

もっと突っ込んだ話をすると、「周りに見られている」と言う感情がそもそもいらないです。

もし仮にこれからミニマリストを目指すのであれば、そのような感情は障害になってきます。

他の人より持ってるものが少ない、稼ぎが少ない、なんて関係ありません。

周りと比較したりする必要はないので自分だけのベストを尽くしていきましょう。

疑問その1、周りの目は気にしなくて大丈夫です。

疑問2:ぶっちゃけ飽きる?

毎日同じ服を着ていて飽きないの?と言う疑問です。

これも結論から言うと、

すぐに慣れる。

これにつきます。

最初の数日間は飽きるというか毎日同じ服を着ることに対して変な感じはしていましたが、それもすぐに慣れてしまいます。

人間は良くも悪くも「慣れる」生き物です。

今となっては飽きるという感情はまるでありません。

あえて感情を表すならそれは「無」です。

なにも感じません。

よくミニマリスト界隈で「私服の制服化」という言葉を耳にしますが、まさにそれです。

学生の時に毎日着る制服に「飽きたなぁ」という感情を抱く人はいないと思います。

それと同じで、今の私にとって白スウェット+ビンテージジーンズは制服です。

なので服にテンションを左右されることがありません。

なのでこの疑問に対しての答えは「一定の期間を過ぎると何も感じなくなる。」となります。

終わりに

いかがだったでしょうか。

服を減らそうと考えている人の少しでも参考になれれば幸いです。

私が2年半同じ服を着続けた感想、それは、

まぁまぁオススメです。

人間みな同じ生き物ではないので環境や性別などによって状況が変わってくる可能性もあります。

なので向き不向きはありますがまずは一度トライしてみてはいかがでしょうか。

経験から言うと1ヶ月程同じ服を着続けられたら、向いていると言ってもいいと思います。

汚れやすい、デートに困るなどと言ったデメリットもありますが、それ以上に多くのメリットがあります。

何がともあれ、一番大事なのは自分のベストを尽くす、これに限ります。

偉人に影響された私が言うのもおこがましいですが、私の場合はそれがたまたまハマっただけです。

たくさん考えに考えて是非自分のベストを目指して行ってください。

皆さんの生活がよりシンプルに輝き出すことを願っております。

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です