【やっぱりこれ】柳宗理のカトラリーシリーズ

本日紹介するのはカトラリー。

今回はあえて一番有名であろうカトラリーを紹介したい。

様々な種類のカトラリーがこの世に出回っているが結局これに落ち着くのである。

「カトラリーの答え」といっても過言ではない製品。

それがこちらだ。

「柳宗理 カトラリー」

出典:https://www.japan-interior.com/brand/souriyanagi/cutlery.html

言わずと知れた日本デザイン界の巨匠、柳宗理によるカトラリーセットの紹介だ。

かなり有名だがこのブログで紹介しなくてはいけないという使命感のようなものを感じたため紹介したい。

目指したのは「使われるための美しい形」

用の美

それが柳宗理のデザインである。

最も使いやすい形とは一体なにか。このシンプルかつ究極的な問いに答えたのがこのカトラリーたちだ。

美観などを考慮せず使いやすい形を研究していった結果生まれたのがこの形であるが、結果的に美観も美しく仕上がっている

果たして機能性と美観は繋がっているのか。

ここになにかデザインの答えのようなものを感じざるにはいられない。

永く愛される製品を目指して。

究極までに装飾性を排除したデザインは使い手に飽きを感じさせない

そしてそのシンプルなデザインは、使い手に優しさと温もりを与え、用途に合わせて和・洋問わず使うことができる。

どんなものにも馴染むのがこのカトラリーの最大の利点である。

素材は18-8ステンレスを使用しているため、丈夫で壊れにくく錆びにくいのが特長。

ツヤなしのマット仕上げは上品で落ち着いた印象を与えている。

そのため食器を選ばず色々な料理と合わせて末永く愛すことができるのだ。

商品詳細

購入はこちらで。

https://www.japan-interior.com/brand/souriyanagi/cutlery.html

ティースプーンから普通のスプーンまで用途に合わせて様々な形のデザインがあるのが特長だ。

是非自分のライフスタイルと合わせたカトラリーを手にとってみて欲しい。

そして驚きなのは値段だ。

日本のトップレベルに有名なデザイナーが考案したカトラリーだが値段は数百円〜と思ったよりは高くない。

そういった現実的に買い揃えることができる点も「用の美」としては重要な要素なのかもしれない。

いかがだっただろうか。

今回改めて誰もが知っている有名なカトラリーを紹介した。

いろいろなデザインが溢れかえっているからこそ今一度原点に立ち返って考えてみるのも悪くないのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です