シンプルで場所を取らないおすすめの防災グッズ「MINI+AID」

皆さん、防災グッズは揃えていますでしょうか。

地震の多い日本においてはもはや必須アイテムと言っても過言ではないでしょう。

それくらい大切なものです。

ところが、防災グッズを家に常備している人は少ないです。

一人暮らしの人なんかにおいてはほとんど置いてないのが現状です。

あれだけ大きな地震が頻発しているのにあまりにも危機意識が低すぎるのではないでしょうか。

ミニマリスト(できる限りものを持たない暮らしを心掛けている人)の私でさえ常備しています。

でもですね、理由はわかります。

防災グッズってどれも大容量だったり置いて邪魔になるものばかり

なんですよね。

本日はそんな悩みを抱えている人にとっておきの防災グッズを持ってきました。

必要最低限のものだけを取り揃え、できる限りコンパクトにデザインしたミニマリストの私が唯一許した製品です。

持ちたいけど邪魔になりたくない。

そんなわがままを実現したとてもシンプルでミニマルな防災グッズを紹介したいと思います。

それがこちらです。

シンプルで場所を取らないおすすめの防災グッズ「MINI+AID」

杉田エースさんとデザイナー佐藤オオキさんのコラボで実現した、

超ミニマル防災キット「MINI+AID」です。

 

この商品はミニマリストしぶさんがTwitterで紹介してたのをキッカケに知りました。

結構前の投稿だったと思うのですが、最近の震災をキッカケにそのツイートを思い出し、思い切って購入。

値段は約2万円。高いっ、、!!

けど、命に代えられるものはありません。

なので購入した後悔は全くありません。

それともう1つこの商品を購入した理由があります。

それはこの製品をデザインしたデザイナーさんです。

佐藤オオキさんという方。私はこの方を非常に尊敬しています。

オオキさんは数々のシンプルで斬新なデザインを手がけてきたデザイン界の神様みたいな存在なのですが、

最初この製品がオオキさんのデザインだと知らなくて、購入する際に詳細を見てビックリ、、!!

即行で買うことを決意いたしました。(動機が不純)

それほど私はこれまでにオオキさんのデザインに感銘を受けていて、半分信者みたいなところがあります笑

そして今回初めてオオキさんの製品を購入。

では実際に中身がどんなものなのかを紹介していきます。

傘ほどの丈の筒の中には4つに分割された円柱が入っています。

そのそれぞれに意味があり、そのどれもが洗練されたデザインで構成されています。

数字の順番で紹介していきましょう。

No1:懐中電灯とランタン

1の筒は懐中電灯です。

停電した際に必須のアイテムとなっています。

また、1の上部を上にスライドすると、ガラスが出現して、そのままランタンとして使用することができます。

デザインもシンプルで可愛く、用途に応じて2つの使い分けができる点がグッドです。

No2:マルチケース

2の仕組みはきわめてシンプルです。

真ん中が縦にカパッと割れて、中に好きなものをしまうことができるケースとなっています。

本当に必要なものは人によってそれぞれですので、ここに自分で選んだものをしまっておけるのは非常に嬉しいですね。

基本的な用途としてはメガネだったり、常備薬だったり、絆創膏などを入れて使うパターンが多いかと思います。

ミニマルなデザインの中にも使い手に自由を与えるあたりがよく考えられてるな、と思います。

No3:ラジオとバッテリー

緊急時に一番必要なのは食料でも水でもないです。

それがどこにあるかを知ることができる情報です。

今の時代携帯があるのでラジオは不要と思うかもしれませんが、前回の北海道胆振東部地震では電波障害が発生するなど携帯は万全ではありませんでした。

また、通信制限などがかかってしまうと使い物にならないのも携帯のデメリットです。

このラジオは自家発電対応をしていて3の筒の上部を組み替えればハンドルが完成します。

それを回すことにより半永久的に電力を得ることができます。

またラジオだけでなく、充電をすることも可能です。

携帯だったり、先ほどの1番の懐中電灯を充電できたりします。

個人的な考えとしては2番のケースに携帯の充電器を入れて停電時に携帯の充電が切れないよう、万全の体制を施すつもりです。

No4:防寒ポンチョ

気温が低い場合や悪天候時に雨風をしのげるポンチョが4番には入っています。

実際災害時に最も困るのは防寒対策だと思います。

先日の地震で北海道民が口を揃えていうのは冬じゃなくてよかった、です。

真冬にあの規模の地震が北海道で起こり、停電していたらもっと被害が拡大していたかもしれません。

考えるだけでゾッとします。

なのでこのポンチョはとても重要だと感じています。

ただ1つ残念なのはこのポンチョをしまうのが結構狭くて大変なところです笑

まぁ落ち着いてゆっくり空気を抜きながらしまえば問題なく入るので大丈夫です。

+α:笛と肩紐

1〜4番の機能以外にもまだ機能はあります。

それらをしまっている大元の白い筒のキャップの上下に笛と肩紐が備え付けられています。

上の画像は笛の画像です。

笛は被災した際に自分の存在を知らせるためについています。

また、肩紐は筒と結び、両手が空いた状態でこの製品を運ぶのに利用します。

玄関や壁に立てかけてみました。

想像していたよりコンパクトな印象でした。

本当にシンプルなデザインなので防災グッズの悩みでもある景観を邪魔しません。

緊急時にこの筒だけを背負って脱出することができます。

実際に使ってみないと真の価値はわかりませんが、現状非常に満足しています。

 

いかがだったでしょうか。

私の大好きなデザイナーさんがデザインしたミニマル防災グッズ「MINI+AID」。

私ごとですが、好きなデザイナーさんの製品を持っているというだけでもなんだか心地が良いです。

もちろん見た目だけではなく、機能もバッチリです。

まだ防災グッズを買っていないなどという方は是非購入してみてはいかがでしょうか。

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です